瀬戸市松原町「なかしま歯科医院」の小児歯科・マタニティ歯科をご紹介します。

tel:0561825889
アクセスマップ 瀬戸市松原町
ニュース 新着情報
小児歯科・マタニティ歯科

小児歯科

お子様の成長に合わせた治療はじめませんか
小児歯科
乳歯の虫歯はあっという間に進行します。
虫歯にならない、虫歯をひどくさせないためには、定期的な歯科検診が必要です。定期的に検診を受診しているお子様にとって、かかりつけの歯科医師や歯科衛生士は、ご家族や学校の先生、お友達についでその成長を見守ることのできる特別な存在です。お子様の成長や変化を誰よりも早く感じ取ることができる。そしてその喜びをご家族と共有することができる。そうした中から本当のお口の健康を達成することができると当院は考えております。
6ヵ月〜1歳半まで

前歯が生え始めたら、歯を磨くことよりも、お口を開けたり、歯ブラシの感触に慣れることを目標に、遊び感覚で磨き始めましょう。習慣をつけるためにも、お子様本人に乳児用の歯ブラシを持たせたり、食後に歯みがきタイムを作ると良いでしょう。

乳歯が大切な理由
赤ちゃん 乳歯
永久歯が虫歯になる確率が減る
乳歯の虫歯は、永久歯に感染することがあります。乳歯の虫歯がなくなれば、永久歯が虫歯になることも少なくなります。
歯並びが悪くなるのを防ぐ
永久歯は乳歯の下から生えてきます。
虫歯になった乳歯を抜いた隙間や、虫歯によって形が変わった歯は永久歯の歯並びが乱れる原因になります。
しっかりと食べ物を噛めるように
当たり前ですが、食べ物をよく噛むことは、お子様の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収される、とても大切な役割をします。健康な乳歯でしっかりと食事ができることも理想です。
発音にも影響を与える
たくさんの言葉を覚えていく幼児期は、歯が健康であることで正しくキレイな発音が可能になります。
1歳半〜3歳まで

1歳半になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。
生えている歯の数と種類、虫歯や歯の汚れ、噛み合わせの状態などをチェックします。

3歳頃

3歳になると、20本の乳歯が生えそろうので、噛み合わせがきちんとできているか、また虫歯になりやすいかなどをチェックします。虫歯が増えだすのもこの時期です。

1歳〜3歳までの歯磨きの仕方

小さなお子様の中には、歯磨きを嫌がってしまうお子様がいるかと思います。
周りの大人の方は、お子様が嫌がらないよう、笑顔で優しく歯磨きをしてあげる工夫が大切になります。

・1歳くらい
歯ブラシの感覚に慣れるため、遊び感覚で歯磨きにチャレンジしましょう。
・2歳くらい
特に前歯の歯の間に注意して、大人の方が磨いてあげてください。
まだ歯磨き粉を使う必要はありません。

【手順】

乳歯の歯磨きの手順
歯ブラシの感覚に慣れましょう

お口を開けたり、歯ブラシの感触に慣れることを目標に、遊び感覚で磨き始めましょう。

歯をよく見ながらブラシをあてましょう

歯茎や舌、上唇の裏筋などにブラシをひっかけないよう、人差し指でガードをしてください。裏側も丁寧に磨いてあげてください。

奥歯を磨きましょう

奥歯は人差し指を入れ、ほほを膨らませると磨きやすくなります。

確認しましょう

ブクブクとうがいをさせ、最後に磨き残しがないか確認をしてください。

・3歳くらい
できればお子様に自分で歯を磨く練習をさせてください。この頃になると、奥歯が生えてきますので、最後に大人の方が必ず磨き直しをしてあげてください。
6歳まで

6歳頃になると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯(6歳臼歯)が生えてきます。
この歯は、一番大きく、噛む力が最も強い大切な歯です。しかし6歳臼歯は、最も大切な歯なのに、虫歯になりやすく、注意がとても必要です。6歳臼歯がなかなか生えなかったり、痛みがあったり、歯並びがおかしくなった場合などは、できるだけ早くご相談下さい。

12歳まで
小児歯科

この時期には、親しらずを除く全ての永久歯が生え揃っている状態になります。
一度でも治療した歯はやはり、天然の歯には見た目も噛む能力もかないません。虫歯を長い間放置しておくと、口臭の原因になり、最悪の場合は抜かなくてはなりません。
歯には自然治癒能力がないので、幼児期の頃から歯と歯並びに気をつけることは、とても大切なことです。

フッ素を取り入れて虫歯予防
フッ素

フッ素には以下のような作用があります。

  • 酸に対して強い歯にする
  • 歯質の強化
  • 歯の再石灰化の促進
  • 虫歯の原因となる酸の生成を抑制

フッ素は、乳歯や生えたばかりの永久歯の虫歯予防に効果があります。
乳歯や生えたばかりの永久歯のエナメル質は、構造が不安定で整っていないために、虫歯菌の産生する酸に対して弱く、虫歯になりやすいのです。フッ素を塗布すれば、酸に強い構造にすることができます。乳臼歯(乳歯の奥歯)が生えてきたころ(1歳半ころ)から、第2大臼歯(12歳臼歯)が生えてしばらくの間(14~15歳くらいまで)は、フッ素塗布を行うことをおすすめします。

ダイアグノデントで虫歯を早期発見
ダイアグノデント

当院では、「ダイアグノデント」という光を使った虫歯探査機を使用して、虫歯の進行度を診断します。ダイアグノデントは、視診で確認できないごく初期の虫歯も高確率で発見することができます。触診で進行度を調べる場合、虫歯を進行させてしまうことがありますが、ダイアグノデントならその心配はありません。
虫歯は進行度が重症化すればするほど、歯を削らなくてはなりません。乳歯は永久歯に比べて薄く、削るとすぐに神経まで到達し痛みをともないます。
しかし、ごく初期の虫歯であれば、予防処置や特殊なお薬の充填だけで進行を抑えて治癒させることができます。ごく初期の虫歯を発見できるダイアグノデントを用いることで、できるだけ歯を削らず、痛みをともなわずに虫歯を治すことができるのです。痛くないので、お子様にとって歯医者に通うことが苦痛になることもないでしょう。

小児矯正で成長に合わせた理想的な矯正治療

小児矯正とは、子供の時期に行う矯正治療のことです。
歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の頃から矯正を行えば、より理想的な治療を受けていただくことができます。なぜなら、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、成長段階にある子供であれば、顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことが可能だからです。

小児矯正のメリット
  • ブラッシングがしやすくなるため、虫歯になりにくくなる
  • 早い時期に矯正治療を始めれば、抜歯しなくて済む可能性が高くなる
  • 噛み合わせが良くなり、顎と全身の成長を促すことができる
  • 正しい発音を身に付けることができる
  • 大人になってから治療するよりも費用負担が軽減される

マタニティ歯科

-1歳からの予防で赤ちゃんとママを守る
マタニティ歯科
妊娠するとホルモンバランスの乱れから歯周病にかかりやすくなってしまうのですが、歯周病は流産や早産の原因になってしまうこともあるのです。
また、生まれてきた赤ちゃんは無菌ですが、ママに虫歯菌があると感染させてしまう可能性があり、大切なお子様をママが虫歯にしてしまうことになるのです。
ママのお口の中の健康が、これから産まれてくる赤ちゃんの健康な歯をつくります。 現在妊娠中の方、そしてこれから妊娠を考えている方も、虫歯予防の重要性を理解しましょう。
よくあるご質問
妊娠中は虫歯になりやすいの?
はい。
妊娠中につわりが重く、歯ブラシを口の中にいれる事が出来なくなってしまう方が中にはいらっしゃいます。 そんなママさんにとっては、歯を磨くことが本当にツラいと感じられるのではないでしょうか。 歯磨きがツライからといって、歯磨きを怠ってしまうと大変な事態を招いてしまうことになります。
妊娠中は唾液の分泌量が減るため通常よりも虫歯になりやすく、 また妊娠によって高まった女性ホルモンの影響で女性ホルモンを好む歯周病菌が増殖しやすくなります。
また、虫歯だけでなく歯周病や歯肉炎のトラブルも増えてくる時期だといえます。 歯周病や歯肉炎を治療せず放置しておくと、早産や低体重児の確率が7倍にも上がるといわれています。歯周病・歯肉炎は自覚症状がなく進行していくので、日ごろからのメンテナンスが重要になります。
治療はいつ頃すればよいのでしょうか?
妊娠中、歯科治療を受けてはいけない時期というのはありません。
ですが、妊娠初期はつわりで歯ブラシも口に入れられない方もいらっしゃいますし、流産しやすい時期でもあり、体調が優れない期間なので歯医者に行く必要がある方は無理しないよう時間も短く軽めの処置で留めておくようにしましょう。
また、妊娠後期に入るとお腹が大きくなり仰向けで寝る事が苦しくなってきますので、妊娠17週〜30週までが歯科治療を受けるうえで適した時期だといえます。妊娠17週〜30週の方だと、一般的な治療も問題なく行えます。
X線や麻酔治療は大丈夫でしょうか?
妊娠3週〜15週目の間は、胎児が催奇形性因子に弱い時期です。この時期は出来るだけレントゲンを受けずにすむよう、日ごろから歯のメンテナンスを受けておきましょう。
ですが歯科で行われるX線は口に向けて当てる為、お腹に直接当たる事はありません。また、X線の被曝を防ぐ為に鉛のエプロンを首からかけレントゲン撮影を行います。
妊娠15週目以降は、レントゲンの撮影により胎児に悪影響を与えるという事はなくなります。安心して歯科治療を受けましょう。妊娠中は口内のトラブルが起こりやすくなるので、体調がいい日にお口の中のメンテナンスに通うといいでしょう。

妊娠中の歯科治療で行なわれる麻酔は「局所麻酔」なので心配はいりません。使用する麻酔薬の量も少量ですし、麻酔を打った部分で分解されてしまうので、胎児へ胎盤を通して麻酔が送られたり、母乳を通して赤ちゃんの体内へ届いてしまうなんて事もありません。

お子様と楽しく通院

保育士常勤・3つのキッズルーム

なかしま歯科医院は、お子様が「また来たい♪」と思えるくらい楽しく通え、パパやママも安心して気兼ねなく通える歯科医院を目指しています。
子育て中のパパドクター・ママドクターをはじめ、子どもが大好きなスタッフがお待ちしています。また、院内には3つのキッズルームをご用意。お子様に楽しく遊んでいただける環境を揃えています。 詳しくは、当院が取り組んでいる「mama's DAY」をご覧下さい。

ママズデイ
スタッフ募集中 歯科衛生士 歯科助手
診療案内
痛くない治療
抜かない治療
削らない治療
なかしま歯科医院のポリシー
セレック
院内感染予防
小児歯科 マタニティ歯科
夫婦で診療しています
なかしま歯科医院の新着情報

ホームクリニック紹介診療案内痛くない治療抜かない治療削らない治療セレックインプラント小児歯科設備紹介スタッフ紹介スタッフ募集

ページの先頭へ戻る